みどりの島・奄美

奄美大島の植物図鑑
by amami-kna
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
調査中
低地・山地
人里
園芸種
果樹
マングローブ
帰化植物
海辺
シダ・コケ
メモ
このサイトについて
未分類
タグ
このサイトは

RSSリーダーで購読
メールで みどりの島・奄美 を購読する
 「あまみ便りblog」で奄美大島からの話題やツアー中に撮影した生き物・植物の紹介をしていますが、植物について単独のブログにしました。
 「あまみ便りblog」では本ブログを含めメイル配信を受け付けてます。ご利用下さい。

 詳しくは 「このサイトについて」でどうぞ。

 本館「あまみ便り」もよろしく。
 「奄美大島・島ンチュBLOG」にも参加してます。

観光ネットワーク奄美
水間 忠秀(mizuma@amami.com)←@はスパム対策のため全角にしてあります。
以前の記事
2008年 12月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
イジュ
from みどりの島・奄美
ドングリ
from あまみ便りblog
モダマ!
from MT.FORTUNE
フォロー中のブログ
奄美大島☆撮影日記
奄美大島 スタジオーネの...
奄美の半魚人通信
奄美大島 ダイビングライ...
ツアーガイド アマミアン
中 孝介(あたり こうす...
南国ウロウロ日記
サーモンのブログ略してサモブロ
奄美・加計呂麻島なんでも...
奄美ホライゾン日記blog
~南風~
奄美発☆彡 kazema...
カケロマ ホエールプロジェクト
来々夏日記
特定非営利活動島人 ワン&ナン
奄美の商店街ブログ[奄美...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
メヒルギ
e0027916_18285622.jpg

[撮影]2006/5/10
[場所]奄美市住用町 マングローブパーク カヌー乗り場
[分布]薩摩半島南部(喜入町・大浦町)・種子島・屋久島以南
ヒルギ科

 昨年7月末に咲いたメヒルギの花からここまで実が大きくなりました。長さは20cmほど。
 じつはこれ実(み)ではないそうです。
 花が終わるとすぐに根に相当する部分が育ち、それが実のように見えます。
 ガクの近くではすでに発芽の準備が終わっていて(胎生発芽)、もうすぐすると葉が伸びると同時に押し出されるように離れます。
 写真上部のそっくり返っているガクの下にくびれがあるのがわかるでしょうか。この部分から離れるわけです。
 エンピツのように尖った根の部分が無事にそのまま泥にささればいいのですが、そうでない場合は水中でも釣りのウキのように立って浮かび、潮の干満にゆられながら泥にささるのを待つわけです。
 潮の満ち引きによって海水に水没したり日に照らされたりと厳しい条件下で生き延びるための智恵なんでしょうね。

 でも、智恵ってどこで考えるんだろう。

 分布のうち薩摩半島南部のものは江戸時代に人の手によって持ち込まれたといわれています。
[PR]
by amami-kna | 2006-05-10 18:39 | マングローブ
<< イジュ ヤンバルセンニンソウ >>