みどりの島・奄美

奄美大島の植物図鑑
by amami-kna
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
調査中
低地・山地
人里
園芸種
果樹
マングローブ
帰化植物
海辺
シダ・コケ
メモ
このサイトについて
未分類
タグ
このサイトは

RSSリーダーで購読
メールで みどりの島・奄美 を購読する
 「あまみ便りblog」で奄美大島からの話題やツアー中に撮影した生き物・植物の紹介をしていますが、植物について単独のブログにしました。
 「あまみ便りblog」では本ブログを含めメイル配信を受け付けてます。ご利用下さい。

 詳しくは 「このサイトについて」でどうぞ。

 本館「あまみ便り」もよろしく。
 「奄美大島・島ンチュBLOG」にも参加してます。

観光ネットワーク奄美
水間 忠秀(mizuma@amami.com)←@はスパム対策のため全角にしてあります。
以前の記事
2008年 12月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
イジュ
from みどりの島・奄美
ドングリ
from あまみ便りblog
モダマ!
from MT.FORTUNE
フォロー中のブログ
奄美大島☆撮影日記
奄美大島 スタジオーネの...
奄美の半魚人通信
奄美大島 ダイビングライ...
ツアーガイド アマミアン
中 孝介(あたり こうす...
南国ウロウロ日記
サーモンのブログ略してサモブロ
奄美・加計呂麻島なんでも...
奄美ホライゾン日記blog
~南風~
奄美発☆彡 kazema...
カケロマ ホエールプロジェクト
来々夏日記
特定非営利活動島人 ワン&ナン
奄美の商店街ブログ[奄美...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ニシキアカリファ[花]
e0027916_11212945.jpg

[場所]名瀬市平松町 公園
[撮影]2005/08/24
[原産・分布]太平洋諸島(フィジー島など)
トウダイグサ科

 赤みがかった葉の色が特徴です。
 花はシソの花に似ていて紐のような細い幹に小さな花がびっしりとついています。
[PR]
by amami-kna | 2005-08-30 11:18 | 園芸種
ヒメアリドオシ
e0027916_15374381.jpg

[場所]金作原
[撮影]2005/08/27
[分布]本州(紀伊半島)~徳之島
アカネ科

 林道にはいつくばるように生えていました。
 実は名前はあまり自信がありません。
 鋭いトゲと"30cm以下の常緑低木"というので多分あっているとは思うのですが、変異が多いらしいです。
 リュウキュウアリドオシだと奄美大島以南の琉球固有種らしいのですが、高さが2m近くになり、刺があまりないそうです。湯湾岳で見かけたような・・・
[PR]
by amami-kna | 2005-08-27 15:41 | 低地・山地
オキナワキョウチクトウ[実]
e0027916_15552486.jpg

[場所]名瀬市平松町 公園敷地内
[撮影]2005/08/24
[原産・分布]奄美以南・台湾・ミクロネシア・インド・マレー半島
[別名]ミフクラギ
キョウチクトウ科

 住用村のマングローブ沿いの国道の下などで野生化しているのを見ることがありますが、島内の公園に多く植栽されています。
 海岸線にみかけるミフクラギと同じ扱いで植物図鑑に載っていますが、少し葉っぱの形が違い、木の高さもこちらのほうが高いようなので、多分海外産の園芸種と判断しました。
 写真のような果実がつきますが、毒を含んでいて、海外では魚を獲るために使うようです。(もちろん奄美でそんなことしちゃダメですよ。)
 間違っても口にしないように。
 キョウチクトウの仲間は花も木も実も毒を含んでいるので、バーベキューの薪に使ったり、箸に使用したりしても食中毒となる可能性があります。ご注意下さい。
[PR]
by amami-kna | 2005-08-24 15:59 | 園芸種
オキナワキョウチクトウ[花]
e0027916_15505481.jpg

[場所]名瀬市平松町 公園敷地内
[撮影]2005/08/24
[原産・分布]奄美以南・台湾・ミクロネシア・インド・マレー半島
[別名]ミフクラギ
キョウチクトウ科

 住用村のマングローブ沿いの国道の下などで野生化しているのを見ることがありますが、島内の公園に多く植栽されています。
 海岸線にみかけるミフクラギと同じ扱いで植物図鑑に載っていますが、少し葉っぱの形が違い、木の高さもこちらのほうが高いようなので、多分海外産の園芸種と判断しました。
 別名のミフクラギは樹液が眼につくと腫れることに由来しています。
[PR]
by amami-kna | 2005-08-24 15:54 | 園芸種
ハシカンボク[花]
e0027916_14452155.jpg

[場所]金作原
[撮影]2005/08/22
[分布]屋久島以南
ノボタン科

 夏の始まりを告げるのが同じノボタン科のノボタン。
 同じ仲間で林道沿いに、このハシカンボクの小さな水色の花が咲き始めると、夏の終わりかなと感じます。
[PR]
by amami-kna | 2005-08-22 14:48 | 低地・山地
ツルラン[花]
e0027916_15343188.jpg

[場所]名瀬市知名瀬 林道
[撮影]2005/08/16
[分布]九州南部以南
ラン科

 昨夜からの土砂降りにも負けず、道端のツルランが可憐な花を咲かせていました。
 街中の庭先でもよく見かけますが、やはり自然の中のほうがきれいです。
[PR]
by amami-kna | 2005-08-16 15:36 | 低地・山地
オキナワウラジロガシ
e0027916_1558185.jpg

[場所]金作原
[撮影]2005/08/10
[分布]奄美大島~与那国島固有
ブナ科

 樹齢150年以上といわれ金作原原生林の主のように鎮座する姿は圧巻。
 大きな板状の根っこで台風にも耐えてきたのでしょう。
 この木はもう種ができる元気は無いようですが、元気な木には秋口にウズラの卵ぐらいの大きさのドングリができます。
[PR]
by amami-kna | 2005-08-10 16:02 | 低地・山地
オオタニワタリ
e0027916_17552931.jpg

[場所]名瀬市知名瀬 林道
[撮影]2005/08/09
[分布]伊豆諸島・紀伊半島・四国南部・九州以南
チャセンシダ科

 屋久島・種子島以南に分布するシマオオタニワタリというのもあるようですが、これはどちらでしょう。胞子のつき方で見分けるようですが、う~ん。
 葉の広さからするとシマオオタニワタリのようにも見えます。
 渓谷の木を上でたっぷりの雨を受け取って生き生きとしています。
[PR]
by amami-kna | 2005-08-09 18:00 | 低地・山地
リュウビンタイ
e0027916_17175545.jpg

[場所]金作原
[撮影]2005/08/08
[分布]伊豆・東海・紀伊半島南部・四国・南部・九州以南
リュウビンタイ科

 かなり大きくなるシダですが、ヒカゲヘゴのように幹を持つことはありません。
 園芸用に販売されているのを探してみるとたくさんありますね。
 写真の葉っぱはまだ小さいほうで30cmぐらいでしょうか。
 1mを超えるものもあります。いったいいくらになるんでしょう。

 金作原の林道沿いにたくさんありますが、とっちゃダメですよ~。
[PR]
by amami-kna | 2005-08-08 17:24 | 低地・山地
カテゴリについて
 「マングローブ」カテゴリに入っている植物はハマボウのように「海辺」にも属するものもあります。
 「果樹」および「園芸種」は自生ではなくて外来種で有益な種類です
[PR]
by amami-kna | 2005-08-05 16:17 | メモ