みどりの島・奄美

奄美大島の植物図鑑
by amami-kna
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
調査中
低地・山地
人里
園芸種
果樹
マングローブ
帰化植物
海辺
シダ・コケ
メモ
このサイトについて
未分類
タグ
このサイトは

RSSリーダーで購読
メールで みどりの島・奄美 を購読する
 「あまみ便りblog」で奄美大島からの話題やツアー中に撮影した生き物・植物の紹介をしていますが、植物について単独のブログにしました。
 「あまみ便りblog」では本ブログを含めメイル配信を受け付けてます。ご利用下さい。

 詳しくは 「このサイトについて」でどうぞ。

 本館「あまみ便り」もよろしく。
 「奄美大島・島ンチュBLOG」にも参加してます。

観光ネットワーク奄美
水間 忠秀(mizuma@amami.com)←@はスパム対策のため全角にしてあります。
以前の記事
2008年 12月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
総員第一種戦闘配置!!
from 司令
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
イジュ
from みどりの島・奄美
ドングリ
from あまみ便りblog
モダマ!
from MT.FORTUNE
フォロー中のブログ
奄美大島☆撮影日記
奄美大島 スタジオーネの...
奄美の半魚人通信
奄美大島 ダイビングライ...
ツアーガイド アマミアン
中 孝介(あたり こうす...
南国ウロウロ日記
サーモンのブログ略してサモブロ
奄美・加計呂麻島なんでも...
奄美ホライゾン日記blog
~南風~
奄美発☆彡 kazema...
カケロマ ホエールプロジェクト
来々夏日記
特定非営利活動島人 ワン&ナン
奄美の商店街ブログ[奄美...
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ノボタン
e0027916_163127.jpg

[撮影]2006/5/20
[場所]住用町 役勝川 下流マングローブ近く
[分布]奄美大島以南
ノボタン科

 梅雨の時期から夏にかけて咲く低木です。
 やさしい色ですよね。
 園芸店でよく見かけるノボタンは濃い紫色をしていますが、シコンノボタンというらしく、オーストラリアだったかな?が原産と聞いています。
 この花に代表されるように島の自生の花は優しい色をしているような気がします。
[PR]
by amami-kna | 2006-05-29 16:11 | 低地・山地
フトモモ
e0027916_1054412.jpg

[撮影]2006/5/14
[場所]奄美市(旧・名瀬市)農道沿い
[分布]屋久島・種子島以南
[原産]インド
フトモモ科

 ビワに似た実がつく果樹で、持ち込まれましたが、現在では野生化していて主に川沿いに見ることができます。
 昨年食べてみました。実は甘い香りがしますが、あまりおいしいものではないです。それでも昔は子どもたちのおやつになったそうです。
[PR]
by amami-kna | 2006-05-15 10:09 | 果樹
キンギンソウ
e0027916_1004723.jpg

[撮影]2006/5/14
[場所]奄美市(旧・名瀬市)林道沿い
[分布]屋久島・種子島以南
ラン科

 小さな花がツクシのような感じで集まっていて、下から順番に咲いていきます。
 期間は割りと長く約1ヶ月ほどかかります。
 咲き始めは白色(銀色)ですが、やがて黄色(金色)に変化していくことから金銀草(きんぎんそう)の名前になったようです。
 写真はちょうどすべてが開いたところでしょうか。これから色が変化していくのでしょう。
[PR]
by amami-kna | 2006-05-15 10:04 | 低地・山地
カクチョウラン
e0027916_9531274.jpg

[撮影]2006/5/14
[場所]非公開
[分布]屋久島・種子島以南
ラン科

「鹿児島県希少野生動植物に関する条例」指定植物

 大柄のきれいなランです。
 この植物はこちらの記事で書きましたが、「鹿児島県希少野生動植物に関する条例」で捕獲・採取などが禁止されている種の一つです。
 捕獲・採取を行った場合、罰則(最高で1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)が科されることになります。

(公開しないというのも一つの選択肢ですが、こういうランが自生していて、ちゃんと保護されているということを知って欲しいのであえて公開します)
[PR]
by amami-kna | 2006-05-15 09:59 | 低地・山地
イジュ
e0027916_9254446.jpg

[撮影]2006/5/12
[場所]奄美市名瀬小湊
[分布]奄美大島~与那国島 固有
ツバキ科

 奄美の梅雨を代表する花の一つです。1週間ほど前からあちこちで咲き始めました。
 かなり大きくなる木なので花の写真は難しいのですが、これは小湊の畑の中に生えていた3mほどの木に咲いていた花です。
 シロアリに強いということもあって建築材として重宝され、高倉の柱にも使われます。
[PR]
by amami-kna | 2006-05-13 09:33 | 低地・山地
メヒルギ
e0027916_18285622.jpg

[撮影]2006/5/10
[場所]奄美市住用町 マングローブパーク カヌー乗り場
[分布]薩摩半島南部(喜入町・大浦町)・種子島・屋久島以南
ヒルギ科

 昨年7月末に咲いたメヒルギの花からここまで実が大きくなりました。長さは20cmほど。
 じつはこれ実(み)ではないそうです。
 花が終わるとすぐに根に相当する部分が育ち、それが実のように見えます。
 ガクの近くではすでに発芽の準備が終わっていて(胎生発芽)、もうすぐすると葉が伸びると同時に押し出されるように離れます。
 写真上部のそっくり返っているガクの下にくびれがあるのがわかるでしょうか。この部分から離れるわけです。
 エンピツのように尖った根の部分が無事にそのまま泥にささればいいのですが、そうでない場合は水中でも釣りのウキのように立って浮かび、潮の干満にゆられながら泥にささるのを待つわけです。
 潮の満ち引きによって海水に水没したり日に照らされたりと厳しい条件下で生き延びるための智恵なんでしょうね。

 でも、智恵ってどこで考えるんだろう。

 分布のうち薩摩半島南部のものは江戸時代に人の手によって持ち込まれたといわれています。
[PR]
by amami-kna | 2006-05-10 18:39 | マングローブ
ヤンバルセンニンソウ
e0027916_1703199.jpg

[撮影]2006/5/8
[場所]奄美市(旧・名瀬市)林道沿い
[分布]種子島・屋久島以南
キンポウゲ科

 道路沿いの木々の上に白い花が目立ちます。
 ツル性の植物で他の木を這い登り、覆うように咲いています。
 センニンソウによく似ていますが、図鑑によると花は8月末です。
[PR]
by amami-kna | 2006-05-09 17:03 | 低地・山地
ユウコクラン
e0027916_1722521.jpg

[撮影]2006/5/5
[場所]非公開
[分布]九州南部以南
ラン科

 咲いているのがわかりにくいぐらい、すごく地味な花です。
 試行錯誤の末、フラッシュを使いました。
 そうじゃないとわからないんです。
[PR]
by amami-kna | 2006-05-06 17:04 | 低地・山地
オキナワテイカカズラ
e0027916_16575469.jpg

[撮影]2006/5/4
[場所]奄美市(旧・名瀬市) 金作原
[分布]九州南部以南
 キョウチクトウ科

 ほのかに甘い香りがするなと思ったら地面に風車のような白い花が散っています。
 見上げてみるとオキナワテイカカズラの花が満開。
[PR]
by amami-kna | 2006-05-06 17:01 | 低地・山地